<まぶたが重くなってきたと感じる方へのマツエクの提案とは? - Zibo Debang Company

まぶたが重くなってきたと感じる方へのマツエクの提案とは?

2021-11-04 15:45:21

年齢を重ねるにつれ「まぶたが重くなってきた」、「目が小さくなった」と感じ、小さくなった目をより印象的にしようと、マツエクを検討する方も少なくないようです。そんな悩みを持った年配のお客様にマツエクを装着する機会もあるかもしれません。そこで今回は、まぶたが重くなってきたと感じる方に、どんな提案をするのが良いか検討してみましょう。

加齢によるまぶたの変化<おさらい>

『15年で20%小さくなる!?』加齢による目の縮小、マツエクに効果は期待できる? でも紹介していますが、加齢によるまぶたの変化について再度確認しておきましょう。

上まぶたのたるみの原因は

加齢に伴い、上まぶたがたるんでしまう要因には

 

◆目の周りの筋肉の衰え

◆パソコンやスマホを頻繁に使用する

◆むくみや脂肪によるたるみ

 

が挙げられます。

 

目の周りの筋肉の衰え

目の周りにはまぶたを支えるための筋肉があり、他の筋力と同様、まぶたの筋力も加齢に伴い減少していきます。筋肉が衰えてしまうということは、まぶたが重力に負けて下がってしまうということ。眼球の面積は年を重ねても変わりませんが、見えている眼球の面積が少なくなるため、若いときと比べると小さくなったように感じてしまうのです。

パソコンやスマホを頻繁に使用する

パソコンやスマホの使用は、画面から出るブルーライトが眼精疲労の原因になり、目の周辺の血流が低下、しわやたるみができる原因になると言われています。また、パソコンやスマホを見ているとまばたきが少なくなることが多く、目の周りのコリにつながることもあるようです。パソコンやスマホを頻繁に使用する生活習慣が、まぶたのたるみにつながっている可能性もあるでしょう。

むくみや脂肪によるたるみ

加齢により起こる基礎代謝の低下も、まぶたのたるみにつながっている可能性も。基礎代謝の低下により、むくみやすくなったりリンパが滞りやすくなったりと、若いときよりも脂肪がつきやすくなってしまいます。毎朝のように鏡で見る目元は特に、たるみが気になりやすくなるでしょう。

加齢による悩みにはエクステ選定でアプローチ

目元を印象的に演出してくれるマツエクは、「目が小さくなってきた…」と嘆くお客様の救世主!加齢による変化や悩みをお客様に相談されることもあるのではないでしょうか。まぶたが重いと感じているお客様には、どんなエクステを選定すれば良いのでしょう。

重視すべきは軽くてナチュラルな仕上がり

まぶたが重いお客様に重いエクステを装着してしまうと、目元ははっきりしてもまぶたへの負担が大きくなってしまいます。また、本数が多いと派手になり過ぎてしまうことに加え、劇的な変化にとまどってしまうお客様も少なくないため、避けておいた方が良いでしょう。
まぶたが重くなってきたお客様へのマツエクは、

 

◆まぶたの筋力に負担にならない軽いエクステ

◆大人女子でも抵抗のないナチュラルな仕上がり

 

というポイントを押さえた提案が大切です。

 

カラーはブラウンで馴染ませるのが正解!

年齢を重ねると、髪の毛や自まつげにも次第にコシがなくなります。そんな中、真っ黒なマツエクを装着してしまうと、目元ばかり目立ってしまうことにもなりかねません。黒よりも馴染みやすいブラウンカラーで、存在感を出し過ぎないようにするのが良いでしょう。黒とブラウンをMixするのも良いかもしれません。ただし、明るいブラウンの場合、目元に光が当たると白っぽく見えてしまうこともあるため、濃い色味のブラウンがおすすめです。

おすすめ①極細ボリュームラッシュおすすめ

1本1本が繊細なボリュームラッシュは、まぶたが重い人にもぴったりなエクステ。ボリュームラッシュという名称から「ボリューム?バサバサなの?」と思うお客様も少なくありませんが、本数が多すぎなければフワフワでナチュラルな仕上がりになることを、きちんとお伝えできると良いでしょう。

おすすめ②軽量フラットラッシュ

平らな形状のフラットラッシュは、シングルラッシュのおよそ1/3の重さ。軽量で柔らかな手触りが特徴で、軽さを求めるお客様に最適です。ボリュームラッシュよりも1本1本の印象は強くなるため、本数を少なめして抜け感を出してあげると良いでしょう。

おすすめ③目力アップアイラインエクステ

1層目にアイライン装着、2~4層目にアイデザイン装着を行ない、お客様の希望に沿った目元を演出するアイラインエクステも、大人女子の悩みに効果的です。1層目のアイライン装着により、自まつげが根元から立ち上がるため、自然とまぶたもリフトアップ。デザインの幅も広いため、お客様の希望に沿いながら、目元のエイジングケアを叶えることができます。

おすすめ④まつげカール×ボリュームラッシュ

ある程度自まつげのボリュームがあるなら、まつげカールも良いかもしれません。自まつげを上に向けるだけなので、まぶたへの負担もありません。ただし、自まつげ自体が細くなりがちな大人女子の場合、まつげカールだけでは物足りない可能性も。そんなときはボリュームラッシュをプラスする提案もおすすめです。物足りない箇所にだけ装着するため、まぶたへの負担も抑えられるでしょう。

おすすめ⑤主張しすぎないiカール

カール感のあまりないiカールは、エクステ感を最小限に目の印象を強めてくれるため、大人女子にもおすすめです。正面から見るとあまり違いは感じないかもしれませんが、横から見たときの印象は大きく違うはず。アイライン効果で、目元をはっきりと見せてくれます。下まつげにもエクステを装着すれば、目の位置をより下に見せる効果も。顔の重心を下に下げることで、顔の印象を若々しくしてくれます。

【まぶたが重いお客様】装着の際に気をつけたいことは

続いて、装着方法について確認していきましょう。

根元の位置を考えて装着しよう

まぶたが重くなるということは、まぶたが自まつげの根元にかぶりやすくなるということ。本来であれば、エクステを装着する位置は自まつげの生え際から0.5mm~1.0mmくらいのところですが、まぶたが重いお客様の場合、エクステの根元がまぶたに当たってチクチクしやすくなってしまう可能性が。お客様の目に負担がかかったり違和感があったりするのは、絶対に避けたいところですよね。まぶたが目元にかぶりやすくなっているようなら、エクステの根元とまぶたが近くなり過ぎないよう調節する必要があるでしょう。

まとめ

目元は年齢の出やすいパーツです。そのため、「マツエクでどうにかしたい!」と来店されるお客様もいるでしょう。まぶたの重いお客様には、軽量で負担の少ないエクステを装着し、まぶたへの負担を最小限に抑えるのが正解です。最近は軽量なエクステにもバリエーションがあるため、お客様の理想をより叶えやすくなっているはず。マツエクで加齢による悩みにアプローチして、お客様満足を実現してください。

More details: https://www.emedaeyelashjp.com